保証会社と保険会社の違いと不動産オーナーが知るべき保険の基本

保証会社と保険会社の違いとは


似た名前かもしれませんが、保証会社と保険会社は利用目的が全く異なります。
保証会社は主に借主の家賃の支払いが滞ったときに代位弁済を行う会社で、当然支払われるべきものが支払われなかったときに債務の弁済を担う会社です。
これに対し保険会社は、家財や建物などが事故や災害などで被害を受けたときに、保険金の支払いをする会社です。
契約に保険金の限度額や適用要件などがあり、条件に合致する場合にのみ保険金が下りるシステムになっています。
オーナーにとってはどちらも重要な存在ですが、保険に関してはアパートやマンションの経営とは関係なく誰もが縁のあるものでしょう。

オーナーが契約すべき地震保険


アパート経営のオーナーなら、地震保険は契約すべき保険でしょう。
「物件が火事になったら大変!」ということで、火災保険のみ加入するオーナーさまも多くいらっしゃいますが、それではあまり効果はありません。
なぜなら、火災保険は、あくまで建物の火災、台風や落雷といった自然災害のみしか保険が適用できず、地震には適用できません。
そのため、地震にも備えなければいけない場合は、別途、地震保険に加入する必要があるのです。地震保険では、地震や噴火、津波などによって建物が被害を受けたときにも適用されます。
近年、東日本大震災による津波や火災による自然災害で、多くの建物が失われていきました。
地震で被害を受けたのに、いざというときに保険が適用できないのでは大変です。
万が一のリスクを考えて、地震保険への加入も検討したほうがよいでしょう。
また、地震保険が保証してくれる上限金額は、その被害の規模によって変動しますが、全損であれば100%、半損であれば60%、小半損であれば30%支払われます。

火災保険と併せて加入すれば節税のメリットも!


万が一のときに助かる地震保険ですが、一つ注意しなければいけないことがあります。
それは、地震保険は単体契約では加入することができないという点です。
地震保険に加入するためには、火災保険と一緒に入ることが必須です。
一見、二つも保険に入らなくてはいけないことを考えると、その月々の保険料の支払いも大変なのではと躊躇されるかもしれませんが、地震保険には控除があります。
そのため、地震保険に加入した場合、経費として控除ができるケースもあります。
控除を受けることによって節税できるメリットがありますので、加入しておいて損はないでしょう。
なお、控除を受けるためには確定申告や年末調整で申告する必要がありますので、忘れないようにしましょう。