アパート・マンション経営のメリット・デメリット

初めてアパート・マンションを経営するのであれば、まずこの2つの経営方法の違いについて理解を深める必要があります。
まずは、それぞれのメリット・デメリットについてみていきましょう。

アパート経営のメリット


まず、アパート経営のメリットとして挙げられるのは、なんと言ってもマンションと比較して安価な資金で建設ができるということです。
特に木造は新築時はもちろんのこと解体も、他の工法と比べ安価で出口対策まで組み立てる際には重要になります。
さらに、基本的にアパートにはエレベーターなどの設備もないことから、共益費なども発生も低減できます。
投資単価が低ければ投資回収期間も短くなるためリスクは低くなります。

アパート経営のデメリット


アパート経営のデメリットとしては、マンション経営に比べ、スペックに劣るところが挙げられ空室率にも繋がります。
その理由の多くは立地にあり、駅近や高層化など利便性に優れた場所に建築されるマンションと違い、アパートは郊外や駅から少し離れていることが多いです。
低コストで建築できるのはメリットですが、駅から遠い、利便性が低いとなると、空室率に影響を及ぼすことも考えられます。

マンション経営のメリット・デメリット


マンション経営の一番のメリットは、その建物構造ならではの耐久性と立地のよさです。
RC造やSRC造、重量鉄骨造といった耐久性の高い構造でできているため、経年劣化が遅く、長いスパンで賃貸契約が可能です。
また、マンションは駅チカやショッピング街の近くに建築されるなど、利便性やスペックに富んでいるため、入居者満足度が高く空室が出にくいのもメリットです。
反面、価格が高い分、経営計画が長期に亘るためとにかく立地が大切になります。
また、減価償却期間が長く取れるため節税効果も発揮されます。

区分マンション経営のメリット・デメリット


区分マンション経営は都心などにワンルームマンションをローンで購入し、毎月の家賃でローン返済もできて、節税対策や副収入にもなると、若いビジネスマンやOLさんから主婦やシニア世代に至るまで人気があります。
しかし、ローンの返済を家賃で賄おうとするなら、確実に毎月の家賃が入ってこないといけません。
経営スタートと同時に入居者が決まり、長く住み続けてもらうことや退去した場合もすぐに次の入居者が見つからないことには、ローン返済が負担になってしまいます。
事前の調査を怠らず、空室リスクの少ない良物件を探さないことには、かえって損をしてしまう恐れもあります。

どちらにするかはオーナー次第


アパート・マンション、区分マンション経営のメリット・デメリットについてご紹介しました。
近年は少子化により地域によっては供給過剰になっているため、賃貸ニーズがある地域かどうかのリサーチや他のアパートやマンションとの差別化を図った魅力ある部屋作りなどで入居ニーズを開拓することも大切です。
どちらの経営を行うかはオーナー次第ですが、賃貸管理や空室対策のしやすさで選ぶとよいかもしれません。