アパートの経営と管理

初めてのアパート経営を自分で行なう場合

賃貸管理は、大きく分けて入居者管理と建物管理があります。とくに、入居者管理の業務は多岐に渡っており、どんどん専門性が高まっているため、サブリースなどの方法で不動産会社に委託するオーナーが増えているのではないでしょうか。

では、本当に自分でアパート経営を行うことは難しいのでしょうか?ここでは、初めてアパート経営を自分で行う場合、どのようなことを考えなくてはならないのかをご紹介しながら、サブリースが人気である理由をご説明します。

まず、アパート管理をする上で知っておかなくてはならないのは、アパート管理業務です。経営の収支に直結する入居者斡旋ですが、入居者の募集をしたら終わりということではありません。入居者を選定し、賃貸借契約を結ぶ必要があります。入居者が決まったら、今度は家賃回収です。滞納者が出た場合は催促しなくてはなりません。賃貸借契約については、特定の時期ごとに更新手続きが必要です。退室される入居者が出た場合は敷金の生産を行い、退出後は原状回復と室内クリーニングを行わなくてはなりません。入居者トラブルが発生した場合はそれにも対応しなくてはなりませんし、建物の管理も定期清掃や法定点検などを行う必要があります。

これだけ書いただけでも、アパート管理業務は非常に多岐に渡っており、専門性が高い内容もあることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

だからこそ、不動産のプロに任せてサブリース契約を選ぶオーナーが多いといえます。

アパートの自主管理のポイントとは?

賃貸管理にはやるべきことがたくさんあると分かっていても、自分で管理をしたいという方もいらっしゃるでしょう。

昔ながらの大家さんに憧れて、初めてのアパート経営を自分でやってみたいという方もいるかもしれませんね。

ただし、自分で経営するとなったら、もしも深夜に騒音問題が起こり、クレームが入った場合は、それに対応しに行かなくてはなりません。アパート経営をすべて自分でやるということは、24時間営業するのと同じことだと覚悟することが必要です。

そこまで無理をしなくても、現在のサブリース契約は、オーナーがどこまで経営に関わりたいかという話を聞いてくれることがほとんどです。サブリース契約を行う不動産会社選びから、リフォーム会社や家賃保証会社を選ぶこともできるので、すべてを自分で請け負わなくても、自分の意思を通すことは可能です。

初めてアパート経営をやってみたいと思っている方は、まず、サブリースでどこまで自分のやりたい経営ができるのかを調べてみてはいかがでしょうか。