マンション経営で重要な管理会社を選ぶ基準

不動産管理業務は多岐にわたります


アパートやマンションの賃貸管理業務は大小含めさまざまあるため、多くの人件が必要です。
例えば、アパートやマンションの管理手続きや空室対策、近隣トラブルのサポートの他にも日常清掃や設備点検など、その種類を挙げればキリがありません。
賃貸管理会社による業務は、建物のみならず土地の管理も行わなければならず、猫の手を借りたいほど入居者のための多くのサポートやフォローを行っているのです。

個人で経営を行う不動産オーナーをサポート


個人でアパートやマンションなどの賃貸管理を行っているという方も多いのではないでしょうか。
しかし、全ての業務をオーナー自身が行うとなると非常に大変です。
入居前から退去後に至るまで、様々や手続き、サポート、点検・管理、トラブル対応などを行うため、アパート経営管理のために膨大な時間を割くことになります。
そんな管理業務を請け負ってくれるのが賃貸管理会社です。
ここでは、賃貸管理会社が行ってくれるサポートの一部をご紹介します。

一般媒介

入居者募集を複数の不動産会社に委託できる契約形態のことです。
一社に限らずたくさんの仲介広告を出せるので、短期間で入居者を集めることができます。

専任媒介

一般媒介と異なり、複数ではなく1つの不動産会社のみに入居者募集を依頼します。
不動産会社にとってもライバル社に契約を取られる心配がないので、より親切丁寧にオーナーの要望に合った仲介活動を行ってくれることでしょう。

賃料保証

自身が所有する物件に空室ができてしまった際、一定の家賃収入が入る保証です。
通常は空室が出来るとその分の家賃収入は当然なくなりますが、この保証制度を活用することで家賃の大半を管理会社が負担してくれるため、不動産オーナーにとっては非常に魅力的な保証です。

集金代行契約

毎月の家賃回収を管理会社に任せることができます。
家賃滞納者とのトラブルやクレーム対応まで幅広く任せられます。

賃貸管理会社を選ぶコツ


前述のように、賃貸管理を専門の業者に依頼すると幅広くサポートしてくれます。
空室対策や適切な運用について親身に相談に乗ってくれるのはもちろんのこと、専門的な知識を持った弁護士や税理士などの力を借りて悩みを早期解決することもできます。
とはいえ、管理会社によってそのサービスの質や種類は異なりますので、自分に合った管理会社を選ぶのがおすすめです。
選ぶ際はたくさんの管理会社とよくヒアリングしたうえで検討しましょう。
地域に特化したプランを提案してくれる会社や対応の早い会社、あるいはネットでの集客や金額交渉に応じてくれる会社などであるとより安心できるのではないでしょうか。