不動産オーナーが心がけたい管理会社との付き合い方

入居者が決まらなければ始まらない


ワンルームマンション投資にしても、アパートやマンションの全棟貸し出しにしても、入居者が入ってくれなければ意味がありません。
投資のためにマンションを買った、アパートを建てたと喜んでいても、それだけでは毎年の固定資産税や毎月の住宅ローンなどの返済で、お金が出ていく一方です。
不動産投資を成功させるには、いかに早く空室を埋め、かつ、空室を作らないかが鍵を握ります。
継続的で安定した賃料収入が入らないと、投資した資金の回収もできませんし、当然利益も上がりません。

どうやって入居者を集めるべきか


入居者を募集するには管理会社に依頼するのがおすすめです。
もっとも、管理会社に何をどこまで依頼するかで選ぶ管理会社も変わってきますし、入居者が決まるまでのスピードも違ってきます。
一番オーソドックスな方法は、入居者の募集や契約手続きの賃貸契約の仲介のみを依頼する方法です。この場合、入居者への対応や賃料の収受などはオーナー自らが行います。
最初の仲介手数料の支払いのみで済み、礼金や賃料全額が受け取れるのはメリットですが、その分管理の手間がかかります。また、入居者が思うように見つからないケースも多く、管理会社選びには注意が必要です。
これに対して、入居者募集だけでなく、アパートやマンションの賃貸管理業務を全て任せてしまう方法もあります。
一括借り上げやサブリース、転貸などを通じて、不動産会社に物件をゆだね、毎月の賃料から一定の手数料を差し引いた分を受け取ります。
手取りは設定された賃料より少なくなりますが、賃料保証形式なら仮に空き室が出ても賃料が得られますし、管理の手間から解放されますので、サラリーマンの副業など忙しい方にもおすすめです。

管理会社のメリットをより多く感じるには


これまで紹介した通り、管理の手間を省くなら、管理会社はまさにうってつけです。
しかし、管理会社も無償サービスとして提供しているのではなく、あくまでビジネスとして運営していますので、多くのオーナーから物件の管理業務を請け負っています。
そのため、任せるだけ任せて後は知らんぷりという状態や、無理難題を言って困らせたりしては、良好な関係を築くことはできません。
せっかく管理会社を利用するなら、より多くのメリットを感じたいですよね。そのためには簡単に言うと「管理会社にとって大事な顧客になるよう心がける」ことが重要なのです。
もちろんオーナーは管理手数料を支払う立場ですから、多少の我がままや無理は聞いてほしいと思う気持ちもわかります。しかし、管理会社に「この物件のオーナーはよく理解してくれる。信頼できる。」と思ってもらうことで、所有する物件に関して積極的に動いてくれたりするものです。
困った時に相談したり、改善したいことを相談したり、密にコミュニケーションが取れる環境を整えておくことも、管理会社とより良い関係を築くためのきっかけになります。