賃貸管理とはそもそもどのようなサービスなのか

賃貸管理業務とはどのような業務を指すか


アパートやマンションを経営する際、オーナーにとって賃貸管理会社はとても重要な存在です。
また単にアパートの賃貸管理やマンション管理と一口に言っても、具体的にどのような仕事を任せられるのか、どこまで請け負ってもらえるのかなどは大きなポイントとなります。
事実、業務分野は多岐にわたり、把握するためにはハード面とソフト面から理解を進める必要があります。
ここではハード面をビルメンテナンス業務、ソフト面をプロパティマネジメント業務としてまとめてみましょう。

ビルメンテナンス業務とは


ビルメンテナンス業務は主にハード面の管理を主業務とします。
つまりアパートやマンションなどの建物や土地を管理する業務で、不動産管理業務を指します。
それだけでも業務内容は幅の広いもので、例えばアパートやマンションを清潔に保つことで、入居しやすい環境を整備することも含まれます。
不動産の管理と言っても、ゴミなどを適切に処理する衛生管理やグリーンを保つための植栽の維持管理などもその業務に含まれます。
もちろん大きな物件ならエレベーターの保守点検も必要ですし、消防設備を維持管理し、建築基準法や消防法の法定点検を行うことも必要です。
建物はどうしても経年劣化しますので、外壁や廊下など共有部の修繕や給排水設備、ガス設備、電気設備などの設備交換も必要です。
つまり、建物が人の生活できる場として健全に維持保全されるよう、あらゆる面から管理運営するのがビルメンテナンス管理業務と言えます。
法令や条例にも詳しい必要がありますから、経験値の高い管理会社を選ぶこともポイントと言えます。

プロパティマネジメント業務とは


プロパティマネジメント業務は主に入居者やテナントの管理を主業務とします。
入居時の賃貸借契約書類の作成から締結、空室の募集活動、毎月の家賃回収や滞納の督促などが該当します。
また、入居者からクレームがあった場合や近隣とのトラブルがあった場合に対応したり、契約更新や退去解約などの業務を行ったりすることも大切です。
契約には重要事項説明書や住宅紛争防止条例に基づく説明書などの説明責任がありますし、宅建士の資格も必要となるため賃貸管理会社と契約するオーナーがほとんどです。
空き室対策や入金状況の突き合わせなどは事業の根幹に関わりますし、各種トラブルの解決など人に関する管理業務にはノウハウが欠かせません。
一見ビルメンテナンス業務より事務手続き業務が多くデスクワークに見えるかもしれませんが、プロパティマネジメント業務は対人業務ですから、不動産知識だけでなくコミュニケーションスキルも重視されます。
安心して任せられる管理会社と契約する必要があるでしょう。