不動産投資をするならどの地域を狙うべきか

地域や立地が不動産投資の要


不動産投資が成功するかしないかは、そのほとんどを地域や立地が左右すると言われます。
それほどまでに地域・立地は重要であり、安定した賃貸経営ができれば空室リスクに脅かされる可能性も低くなるでしょう。
成功する人は賃貸需要のある地域を見抜く目があると言われますが、実はしっかり知識を学び調査を行えば、さほど難しいことではないとも言われます。
例えば、人は少ないより多く住んでいる地域が良いことは間違いありませんし、現在だけでなく今後人口が増える予測がある地域ならそれも狙い目です。
それではこれから不動産投資をしようとする場合どの地域を狙うべきかと言えば、もちろん首都圏です。
例えば、都心はもちろん弊社のある新宿区などは学生も多く通勤にも便利なことからマンション経営でも人気のエリアですし、埼玉県の南部さいたま市や川口市などは家族世帯からの需要も高く、アパート経営に人気のエリアとして注目されています。

なぜ首都圏を狙うべきなのか


企業が多く商業施設も豊富な都心に、周辺地域から人が流入していることは周知のとおりです。こうした東京近郊の人口増加という要素から、今後も首都圏の人口増加は予測できます。もちろんその他の地域でも工夫すれば不動産投資で成功し、利益を生み出すことは可能でしょう。
ただこれから不動産投資を始めるにあたってあらゆるリスクを考えた場合、できるだけ手間をかけずに不動産投資を成功させるためには、首都圏に絞る方が効率的なのです。
将来推計人口は誰もが自由に自治体のWebサイトなどでチェックできますので、こまめにデータを集めることも投資には必要です。

日本では単身者住宅の需要が伸びる


前述の地域では一定の賃貸需要が見込めますが、それは特に単身者住宅だと言われています。それは近年の晩婚化や未婚率が高いこと、高齢者の単身生活が増加傾向にあることが関係していると言われています。
特にこうした動きは首都圏で多く、事実、単身者世帯が非常に増加しています。
そのためアパートやマンションを経営する際にも、単身者に需要のある建物の方が需要が見込めると言えるでしょう。
その点からもワンルームマンション投資は、まさに効率の良い不動産投資です。
ポイントをしっかり押さえることで、サラリーマンやOLさんでも不動産投資を成功することができるため、検討中の方は勇気を出して一度相談してみてはいかがでしょう。