もしもの時のために施設賠償責任保険への加入を行う

万が一のために保険加入は必須

アパート・マンションの賃貸経営をしていると、予想しなかったトラブルに見舞われることもあるでしょう。すぐに思い浮かぶのは、火災や地震といったトラブルでしょうか。

火災保険や地震などのための災害保険に加入しておくことは必須です。どちらも予期せぬ出来事ではありますが、発生確率はゼロではありません。もしものときに大きな損失にならないためにも、保険にはきちんと入っておくことが大切でしょう。

ところで、他にもさまざまなトラブルを考えられることにお気づきでしょうか。

中古物件の場合、塀が崩れて他人を怪我させてしまったというトラブルや、他人の車を傷つけてしまったというトラブルが発生するかもしれません。シロアリ対策が十分でなく、建物が大きく傾いたために入居者自身や入居者の所有物が壊れたりすることもあるかもしれないでしょう。新築物件でも、オーナー自身の不注意で新築物件を傷つけてしまうことがあるかもしれません。

以上のように、トラブルの可能性は多岐にわたります。これらひとつひとつを心配していたら不動産経営をすることが難しいのではないかと思われがちですが、実は、このようなときのための保険があります。

それが施設賠償責任保険というものです。次の項目で詳しくご説明しましょう。

施設賠償責任保険とは

施設賠償責任保険とは、基本的に法人向けの保険です。施設や設備の不備によって発生した損害賠償を保障します。個人で賃貸管理を行っているオーナーの方も加入することができます。

ーナーの方にとって、賃貸物件が施設にあたるため、施設そのものや施設に設置されているものの不備によって損害が発生した場合、施設賠償責任保険が適用されます。しかし、施設の不備について知っていたにもかかわらず、わざと放置しており、そのために損害が発生した場合には施設賠償責任保険は適用されません。

つまり、施設賠償責任保険はオーナーに過失がないことが大切です。

次に、施設賠償責任保険への加入方法についてご紹介しましょう。基本的には、火災保険などの特約で加入するか、施設賠償責任保険単独で加入することになります。保険会社によって、どのように保険内容を提示してくるかは異なるので、いくつかの保険会社の条件を見比べてみましょう。

どの保険会社にしても、基本的に施設賠償責任保険は低価格であることが多いです。低価格で、万が一のときのトラブルに対して賠償してもらえるのであれば、入っていて損はありません。

まだ施設賠償責任保険に加入していない方は一度検討してみるのも良いでしょう。