管理会社による管理料の違いとは

管理料の内訳ってどうなっている?


近年、サラリーマンやOLさんでも手軽に経営できるとあって、マンションやアパートの賃貸経営に乗り出す方も増えつつあります。
とはいえ、慣れないオーナー自身がマンションやアパートをすべて管理をするのは、なかなか大変なことでしょう。
どうしても手に負えない、自分では難しいと判断した場合は思い切って管理会社に任せることをおすすめします。
何と言っても最大のメリットは、管理会社に任せることでマンションやアパートの経営に関わる業務全般を代行してもらえますので、自身の負担を大きく減らすことが出来るという点です。
もちろん、管理会社は無償サービスというわけではなく、業務代行をしてもらうには契約を結び、手数料を支払うことになります。
管理業務に関わる代行手数料は、3%だったり8%だったり管理会社によって異なりますが、基本的な管理業務を任せる場合は、物件賃料のおよそ5%になっているパターンが多いです。
つまり、例えば賃料が30万の物件だった場合、1万5000円を手数料としてお支払いするという事になるわけです。

管理料の違いとは


では、平均的な手数料が5%だからと言って、計算の仕方はどの管理会社も一律なのかと言いますと、そうでもありません。
実は管理会社によって、入居中の世帯数に関係なく総額賃料に5%を掛けるケースと入居者から回収した家賃にそれぞれ5%を掛けるケースがあります。
前者の計算方法の場合、物件が満室になっていれば、それほど手数料が負担になってくることはありません。しかし、退去者が出てしまった場合や入居者募集を始るタイミングなどによっては、長期間空き室ができてしまうことも少なくありません。そういった場合にも空室分の手数料を支払うことになるため、管理手数料が大きな負担になってしまいます。
このように、手数料そのものだけでなく、その計算方法にもいくつか種類がありますので、あらかじめ管理会社に確認しておくのが最善です。
また、一社だけでなく、複数の管理会社との比較も併せて検討しておくと、損のない賃貸経営が可能となるでしょう。

管理料の節約方法とは


手数料の計算方法についてご紹介しましたが、もちろん任せる業務の範囲によっても少しずつ金額は変わってきます。
例えば、管理会社には入居者募集から毎月の賃料回収、物件設備のメンテナンスまでさまざまな業務を任せることができますが、楽だという理由だけで管理に関わる業務をすべて丸投げしてしまうと、当然その分手数料は上乗せされていきます。
少しでも管理料を節約したいと思うなら、自身でカバーできる業務の範囲や管理会社に任せたい範囲などを整理し、自分に合った管理会社を利用することでメリットを感じやすいのではないでしょうか。