管理会社の変更を検討中のオーナーへ!初めにするべき5つのこと

管理会社の変更を検討中の方へ


管理会社の対応が悪い、空室が埋まらない、費用などが高いといった理由で管理会社を変更したい場合、どのようにすればいいのでしょうか。

【するべきこと1】
現在の悩みや課題を解決できるかの確認


変更したいと考えるには、それぞれ何らかの事情や理由、問題が生じているはずです。
変更しても問題が解決しないのでは意味がありません。
今抱えている問題を洗い出し、それを解決してくれる管理会社であるかの確認を取ることが大切です。
ホームページの内容やカタログなどの資料を見るだけでなく、担当者にしっかりと問い合わせ、現在と状況を変えてくれるかを確かめましょう。

【するべきこと2】
サービス内容の確認


管理会社がどのようなサービスを提供してくれるのか、内容をしっかり確認しましょう。現在行ってもらっていることと照らし合わせ、不足している点はないか、プラスで受けられるサービスがあるかを確認します。そのサービスをいつどのように、どのくらいの頻度で提供してくれるのかも見逃せないポイントです。
入居者向けの対応窓口の営業時間も忘れずに確認し、24時間体制なのか、営業時間に制限があるのか等もチェックしましょう。

【するべきこと3】
対応力の確認


サービス内容は充実していて、24時間対応であったとしても、それがしっかり機能していないのでは絵に描いた餅です。オーナーや入居者が対応を依頼した際に迅速かつ適切な方法で対応する力があるのか、その人材が揃っているかを調査しましょう。
誰がどう対応してくれるのか、実際にスタッフに接してみて親身で丁寧な対応が受けられそうかをチェックしましょう。実際に利用しているオーナーからの情報を得て、対応力を確かめるのもおすすめです。

【するべきこと4】
費用の確認


現在の管理会社に支払う手数料が高いとコストダウンを希望している方はもちろん、サービス内容や対応力に見合った費用であるかの確認も大切です。
見積もりを取り、サービス内容と照らし合わせながら納得がいくまで検討し、コストパフォーマンスの良いところを選びましょう。

【するべきこと5】
変更に伴う手続きの確認


管理会社を変更した場合に影響が受ける範囲について、しっかりと検討しましょう。
オーナーにとってはコストダウンして、空室リスクも減らせる対応を取ってもらえそうだから有利と感じても、管理会社の変更は入居者にも影響を与えます。
賃料の支払い方法の変更や口座変更手続きの流れ、対応窓口の周知の仕方などスムーズにいくかを事前によく確認しておきましょう。