効果的な空室対策とは?

築年数が経過したアパートの空室対策


残念ながら築年数が20年を超えたアパートは、なかなか入居者を見つけることができないのが現状です。
そのため、数十年にわたりアパートを管理している大家の中には切実な悩みを抱えているという方も少なくありません。
アパートの賃貸管理を行っている大家や業者は入居者を獲得するためにさまざまな空室対策を行っています。
築年数が経過したアパートの場合、新築同様の家賃で入居者を募集しても効率よく集めることはできません。まずは募集家賃と築年数が相場と合っているかを確認してみることが大切です。
さらに、インターネットが無料で使える環境や防犯対策がしっかりとれた最新ホームセキュリティの完備といった、入居者にとって付加価値の高い設備の導入が空室対策として注目を集めています。

IoTサービスを活用した設備が注目

IoTとは「Internet of Things」のことで、あらゆるモノやサービスがインターネットにつながり、相互に関わり合う仕組みのことです。
このIoTサービスの導入は若年層に向けた空室対策として有効で、不動産の付加価値として認知されるようになっています。
例えば物理的な鍵を必要としないスマートロックは、鍵をデータとして管理することで、部屋の出入りはもちろん遠隔地からも施錠の管理をすることが可能です。
また、窓や家電にセンサーを設置しネットワークと接続しておくことで、窓の閉め忘れやガスの消し忘れなどにも即座に対応できます。
これらのIoTサービスは高齢者の一人暮らしにおいても、離れて暮らす家族が遠くから見守ることができるため、需要があるのではないでしょうか。

空室対策はできるだけ早く行うことも早期解決のコツ


空室対策は早く行うにこしたことはありません。
アパートやマンションの空室期間が長くなればなるほど家賃収入は低くなり、収益がマイナスになってしまう可能性もあります。
アパートやマンションを探している方の多くが自身のニーズに合った魅力的な部屋を探しています。
そのため、早期に空室を解消するには、まずお客様のニーズを把握することが重要です。
築年数が経過してしまっているアパートやマンションの場合、管理会社がリフォームやリノベーションを行うことで空室を解消できる可能性もあります。
もちろん、予算に合わせたリフォームやリノベーションを行うことが大切ですが、お客様のニーズに合わせた魅力的な部屋に変えたところ、短期間で多数の入居者を獲得できたというオーナーも少なくありません。
このような取り組みをしたいと検討しているオーナー様を全面的にサポートしてくれる管理会社が0円賃貸管理です。
0円賃貸管理では、リフォーム企画や自社施工を行うことにより、リフォーム費の削減を実現しているため、より低コストで空き室対策をすることが可能です。