不動産投資を検討しているなら欠かせない保険会社

新人不動産オーナーが知っておくべき保険とは?


はじめてマンション・アパートの賃貸管理をするにあたって、もっとも不可欠なのがリスクマネジメントです。
いくら立地が良い、部屋がきれい等の好物件でも、地震や火災に備えていない物件では万が一の時に大損害を受けることになりかねません。
経営中に思いがけない自然災害に見舞われても大丈夫なように、各種保険に加入しておきたいものです。
今回は、不動産オーナー初心者にぜひとも入っていただきたい保険をご紹介します。

保険の種類


では、オーナーが入るべき保険とは何があるのでしょうか。
一つずつご紹介していきます。

火災保険

マンション・アパート経営をするなら必ずしも加入しておきたい保険です。
火災保険は、火事による損害だけなく、水災、風災、盗難など、補償範囲が広いため、加入しておいて全く損はありません。

地震保険

火災保険と併せて加入しておきたい保険です。
火災保険にかかっている保険金額の半額までを補償してくれます。
近年、東日本大震災などが起こったこともあり、その必要性は以前よりも高くなってきました。
地震による建物崩壊だけでなく、津波による被害も補償対象ですので、海や川に近い物件であるなら加入しておくと安心です。

施設賠償責任保険

管理しているマンションやアパートの設備に欠陥があり、それが原因で人や物に損害を与えてしまったときに役立つ保険です。
建物が古く、外壁が壊れて人や物を傷付けてしまった場合や共用部分である水道管が破損し、入居者の部屋内で水漏れが発生したときなどに、この保険が適用されます。
支払われる保険金の上限金額は1億円となっていますが、掛け金は決して高くはないので、もし古い物件を持っていて、今後が心配というのなら、併せて加入しておきましょう。

入居者にも勧めて、より安全な賃貸経営を!


不動産オーナーがこれらの保険に入っておけば、「もしもの時」にはほとんどカバーできますが、入居者が所有する家財などの損失補償は含まれていないのが現状です。
なお、入居者側が入る火災保険には「家財保険」と「借家人賠償責任保険」の2つが含まれており、入居者が所有する家財に損害が生じたときや入居者自身が部屋を汚したり、壊してしまった場合には、原状回復費用が補償される内容となっています。
そのため、「泥棒に大事なものを盗まれた!」「部屋の壁を壊してしまった!」などの責任はオーナー側ではなく、入居者側の責任になります。入居者側が火災保険に入っていないのであれば大変です。
管理契約を交わす際には、入居者にも火災保険の加入をお勧めしておくのがベストです。