どんな管理会社を選べばいいの?

管理会社もさまざま

自主管理をしているという大家さんも多く、現在は大家さん向けのサイトも充実していきているようですが、過去に管理会社を利用していて自主管理に変えたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

管理会社への期待が大きいほどイメージと違った場合、話が違うのではと思った際のショックや不信感は大きいかもしれません。

分譲マンションや戸建て住宅を賃貸アパートに立て替えたような数戸の管理であれば自主管理も可能ですが、大きな賃貸マンション等になると設備管理も複雑になり、法律で決められた点検などもあり自主管理も難くなりますよね。管理会社のスタイルも様々ですので、管理会社へ管理を依頼したいと思っている方は管理契約を結ぶ前にしっかりと検討する必要があります。

どれだけ多くの実績があり、管理物件の数が多くても、自分に合うかどうかは分かりませんし、クレームが一件もないという管理会社はあり得ません。管理物件は少なくても地元に密着して愛されている管理会社もあります。第一の業務になる家賃の集金方法も管理会社によって様々です。

自分の希望に合ったポイントにどれだけ近い管理をしているかどうかが必要です。

管理会社を選ぶポイント

管理契約を結んだあとにやっぱり駄目だったという場合、管理契約は契約書の告知期間を過ぎれば契約解除できますが、入居者の方々は振り回されて不信感を持つということが出てくるかもしれません。

入居者の方が退去して空室になり家賃収入がなくなるということが賃貸管理をするうえで一番避けたいことですので、出来るだけ入居者の方には安心して入居できるという環境が望ましいものです。

実際には管理会社同士にも管理物件獲得の競争がありますので、管理契約を結んでもらう前には都合の良いことばかりを言ってくるところもあります。都合のよいことばかりを社長が言ってしまい、社員が振り回されて大変なことになるという会社は不動産業界にも例外ではなく存在するようです。

管理契約を結ぶ時だけでなく、クレーム時だけではなく希望に応じて精算的な内容だけではなく定期的に状況の報告してもらい、しっかりとした関係を作ることができる管理会社が安心できると思います。オーナーも入居者も理想を言えば無理難題の要望はたくさん出てきます。

オーナーの希望と入居者の希望をどちらかに偏りすぎることなくうまくまとめてバランスの良い提案をすることができることも管理会社に求められるポイントの一つに挙げられると思います。