マンションやアパートの空室対策ノウハウ

空室リスクをいかに防ぐか


不動産投資が人気になり、東京や埼玉県などの首都圏エリアにワンルームマンションを購入する人や相続した実家を建て替えてアパート経営を始める人なども増えています。
もっとも、収入を得て投資額を回収していくためには賃料がしっかり入ってこなくてはなりません。
それを阻むのが空室リスクです。
入居者にいかに長く住んでもらえるか、また、退去時にいかにすぐに新しい入居者が入るかがポイントになります。
そのためには魅力的な部屋であることや利便性に優れた、入居希望者が集まりやすい立地であることが大切です。

都心における魅力的なマンション


四ツ谷をはじめとした通勤に便利な新宿区、おしゃれな街として人気の恵比寿、青山などの渋谷区や港区には、一人暮らしのビジネスマンやOLさんを中心に親が援助をしてくれるリッチな学生さんなどにも人気があります。
駅から近い、オフィス街に近いといった立地、コンビニや飲食店が近いといった便利な環境に加え、家具・家電付きといった室内環境の利便性も空室を減らすポイントです。
特に、入居者がカギを持っていなくても、暗証番号やスマートフォンをかざすだけで簡単に施錠できるスマートロックや、スマートフォンからの操作でお風呂の追い炊きや空調の調節が可能になるIoTマンションなどの設備が整った物件が注目されています。
流行や新しいものに敏感な人が集まる都心のマンションでは最新の設備を設置することも空室対策に繋がるでしょう。

回転率がよく空室リスクが防げる学生街


新宿区や港区に比べ家賃相場が低い杉並区や台東区などは、学生さんにとっても人気のエリアです。
学生街は空室リスクを抑えられる立地として、アパート経営やワンルームマンション投資におすすめのエリアでもあります。
その理由は、大学生活の4年間、短大・専門学校の2年から3年の間を暮らし、3月の卒業と同時に退居をしてもまた4月には新入生が入居をしてくるからです。
そんな学生さんたちにとって一番良いと思われる物件は、やはり防犯対策が整った物件でしょう。
近年では都心になればなるほど、空き巣・強盗・ストーカーなどの犯罪も増えつつあり、学生さんたちが利便性だけでなく、防犯対策の整った物件も視野に入れて探しているのも事実です。大切なお子さんを東京に出す親御さんにとっても、安心材料となるでしょう。
より空室対策を万全にしたいなら、利便性だけでなく防犯対策の設備を設置することも検討してみましょう。

立地や環境に適した空室対策を


学生街や都心部にマンションやアパートを建てる場合、防犯対策や最新設備の導入を行うことも空き室対策になるとご紹介してまいりましたが、これらは環境に適したものでないと最大限の効果を発揮することができません。
最新設備や防犯システムを導入する際には、自身が所有する物件の周辺環境、入居者のタイプや傾向を事前にしっかりリサーチしておくことが重要です。