管理会社を変更する際のメリット・デメリット

管理会社変更のメリット・デメリットをよく理解しよう


不動産経営をしているオーナーは賃貸管理を一括して管理会社に依頼していることが少なくありません。
実際に利用してみたら思うような対応をしてもらえないときや、ほかにもっと低コストで利用できる管理会社を見つけて変更したくなることもあるかもしれません。
管理会社を簡単に変更していいものか迷っている方に、変更に伴うメリットやデメリット、気を付けたい点をご紹介します。

管理会社を変更することによるメリット


管理会社にはオーナーに代わって、賃借人からの要求やクレームに対応したり、近隣住民とのトラブルを解決したり、賃貸している住宅の修繕を行うなど快適に暮らせるようにする義務を担っています。
ですが、中にはスタッフ数に対して抱えている管理案件が多すぎて、迅速な対応が取れないケースも少なくありません。
また、下請け業者やアルバイトなどを雇っていて適切な対応が瞬時に取れず、賃借人や近隣住民との間でトラブルを起こすことや、オーナーに直接怒りが向けられるなど困る事態が起こるケースもあります。
こんな頼りない管理会社に依頼してしまった場合には、すぐにでも変更した方がオーナーにとってはもちろん、賃借人にとってもメリットです。
管理会社は賃借人との関わりも深いので、賃借人にとっても喜ばれる変更なら躊躇する必要はありません。
一方、コストダウンが目的の変更の場合は、単にコストが低減できるだけでなく、業務をしっかり行ってくれるか賃借人のメリットも考えて検討しましょう。
これまでより質の高いサービスをより低コストで提供してくれる管理会社への変更ならオーナーにも賃借人にもメリットです。

管理会社を変更することによるデメリット


管理会社を変更することで、賃借人に少なからず影響を与えます。
住宅設備の故障時やトラブルが起きた際の連絡先が変更されるため、いざという際困らないよう、周知徹底を図らなくてはなりません。
これまで24時間対応だった窓口が、管理会社の変更によって窓口の営業時間が限定されることもあるので、賃借人が不安にならないよう緊急時の窓口対策も必要です。
管理会社が変わることで家賃の支払い方法が変わることもあります。
これまではクレジットカード払いができてポイントが貯まったのが、口座振替のみになってしまう、口座振替の設定をし直さなければならないこともあります。変更点の周知徹底や変更点への理解を求めなくてはならない点は、少し手間もかかりデメリットかもしれません。
もっとも、デメリットは一時的なものです。面倒を回避したい場合、物件が1つであれば、入居者の入れ替わり時に管理会社の変更も行えばよりスムーズです。