失敗しないために!管理会社を変更する際の注意点

管理会社変更での失敗例と注意点


現在の管理会社に不満を持ったり、費用が高いなどと感じて変更したとしても、現在の不満や問題が解決されなかったり、また別の不満や問題が生じれば、変更は成功とは言えません。
現在の問題や不満を解決し、より満足できる管理会社に変更するにはどうすればいいのでしょうか。
失敗例をご紹介しながら、注意すべきポイントをご案内します。

【失敗例1】
対応が遅くなった


大手不動産会社の管理会社はサービスはいいけれど、コストが高いなどと考え、低コストな知名度の低い管理会社や小規模な管理会社に変更した際に起こりやすい失敗談です。
「うちは小規模なのできめ細やかな対応ができます。」「小規模なので小回りが利きます。」「アットホームで親身な対応ができます。」「小さいので費用も抑えられます。」といった営業トークに乗せられていませんか。
対応がきめ細やかで親身、小回りが利くというのは、とてもいい響きです。
ですが、実際にその対応力があるのかを事前によく確認してから変更しないと、言葉に実態が伴わないケースも少なくありません。
人数が少ないために連絡しても後回しにされてしまう、夜中や休日などに対応してもらえない、トラブルを解決できる人材がいないなど十分な対応ができない管理会社もあるので気を付けなくてはなりません。

【失敗例2】
窓口の対応時間が短くなった


管理会社の入居者やオーナーからの対応窓口は24時間365日対応もあれば、休日や夜間は休み、夜間は別の下請け窓口で受け付けのみ対応といったところもあります。
「入居者からの問い合わせなんてそう入りません。」「これまで入居者が連絡したことはあったでしょうか」など、対応時間が短くても大丈夫といったことを強調され、そんなものかなと変更してしまう方もいます。
これまではたまたまトラブルがなかっただけで、変更後に真夜中にトラブルが生じて入居者が困って後からオーナーにクレームが入る事態も少なからずあります。
現在の対応時間より拡大される場合は別ですが、現在より対応時間が短くなる場合には、対応時間外にトラブルが発生した際にどういう対応を取るべきか、よく検討してから変更することが大切です。

【失敗例3】
空き室がなかなか埋まらなくなった


管理会社は入居中の管理だけでなく、入居者の募集サービスまで手掛けているケースも少なくありません。
管理会社を変更後に退去後に入居者がすぐに入らなくなったと不満を漏らすオーナーも多いものです。
入居中の管理内容や対応力の確認はもちろん、入居者を見つける賃貸仲介の対応力があるかもよく確認してから変更しましょう。