分譲マンションは売却と賃貸どっちがお得?

メリットとデメリットをよく検討しよう


分譲マンションを転勤や住み替え、相続などのために、自分たちでは使わないという場合、売却するのと賃貸にするのとどちらがいいでしょうか。
これは一概には言えません。
その方の資産状況やマンションの立地や状態、不動産市場の動向や地域における不動産ニーズなどにも左右されます。
一般的に生じる売却と賃貸のそれぞれのメリット、デメリットを知り、どちらの方が有利かを検討することが大切です。
そのうえで、地域の不動産ニーズに照らし合わせ、不動産市場の価格動向や賃料などの動きも踏まえて決めるようにしましょう。

分譲マンションを売却するメリット

分譲マンションを売却した場合、まとまったお金が手に入ります。
もっとも、住宅ローンが残っている場合にはそれを完済する必要があるので、手取りは少なくなるケースもあります。
一方、不動産価格が値上がりしていて売却益が出る、相応の金額が手に入る場合は買い替え資金などに充てることもできて有利です。
また、手放すことでそれ以降は固定資産税や都市計画税の負担がなくなり、管理費や修繕積立金、メンテナンス費用などの負担もなくなります。

分譲マンションを売却するデメリット

一度、売却してしまえば、新たに分譲マンションを買うには高額な資金も必要となります。
当然ながら、また住みたいと思っても住めなくなります。
不動産価格が値下がりしているときには売却損が出て、住宅ローンが残っている場合、すべてを完済しきれず、ローンのみが残ることもあるので注意しましょう。
一方、不動産市場が高騰して、大きな売却益が出た場合、所有期間などによっては譲渡税が発生します。

分譲マンションを賃貸するメリット

賃貸のメリットは継続的に安定した賃料収入が得られることです。
所有権も維持できるので、もし再び住みたくなったり、使用したりする予定ができれば、契約満了時などに返却を受けて住むことも可能です。
また、しばらく賃貸して不動産市場が高騰するのを待って、高値で売却するという方法もあります。

分譲マンションなら賃貸の方がお得

このように比較してみると、一般的にはどちらかと言うと賃貸の方がお得と言えるでしょう。
しかし、住宅ローンが残っている場合は、ご注意ください。当然ながら、住宅ローンが残ってるということは金融機関から融資を受けている状態であり、借りた本人やその家族が住むことを前提として安い金利になっているのです。従って、住宅ローンが残っている状態で家を貸し出す際には投資ローンへの変更や一括完済が求められます。
ただし、転勤などの理由で一時的に空き家となるためその間賃貸したい場合には「その家に本人が戻る予定がある」と判断され、賃貸に出すことが認められます。転勤以外にも合理的な理由があれば認められる可能性がありますので、まずは融資先の金融機関に相談してみるのが良いでしょう。
住宅ローンが残っていない場合にも、地域によっては賃貸ニーズがないところもありますので、立地なども踏まえて売却と賃貸いずれがいいか検討しましょう。自分では判断が出来ないという方は売却・賃貸を専門に扱う不動産会社に一度問い合わせてみることをおすすめします。もちろん一社ではなく、複数社の意見を聞いた上で判断しましょう。